MicrosoftのVB.NETやC#はWindowsアプリケーションのシステム開発に用いられるプログラム言語ですが、WEBアプリケーションの開発も可能となっており、そこで用いられる技術がASP.NETです。 WEBアプリケーションは近年有料になってしまい人気のなくなったJavaや近年大規模な個人情報流出が頻発したPHPなどの開発もありますが、将来性という点では疑問点があるばかりか、ユーザーインターフェイスの作成にはHTMLやJavaScriptを駆使しても垢ぬけたアプリケーションの開発にはかなりの開発費が要求されます。しかし、Microsoftの開発環境であるVisualStudio.NETでASP.NETのアプリケーションを開発すれば、Windowsアプリケーションの作成と同様に、画面のユーザーインターフェイスをコンポーネントを視覚的に貼り付けながら作成ができ、画面の各イベントもWindowsアプリケーション開発時と同じように作成することができます。VB.NETやC#といったプログラム言語もWindowsアプリケーション開発と同じように使うことが可能です。 WEBアプリケーション開発への敷居が少し下がり、且つ生産性も上がるので、複雑な画面でなければ、他のWEBアプリケーション開発手法よりも手軽に早く開発することが可能です。WEBサーバーをWindowsサーバーにする必要がありますが、Microsoft系のミドルウェアを採用するようなシステム構成でWEBアプリケーション開発を行なう場合、ASP.NETを選択肢の一つとして検討すべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です